日帰り大腸ポリープ手術

日帰り大腸ポリープ手術

負担もリスクも少なく。
内視鏡専門医だからできる日帰り手術。

これまでポリープ切除には、2泊3日、短くても1泊の入院をしなくては
ならず、患者様の負担もございました。
しかし最新の設備や技術の進歩、経験を積んだ内視鏡専門医が手術を行うことにより、日帰りによる大腸ポリープ手術が可能となりました。

患者様の精神的負担から医療費節約も考え、
当院では日帰り大腸ポリープ手術を推奨しております。

  • 日帰り手術の費用

    大腸の内視鏡的ポリープ切除術は全て保険適応となっています。
    ポリープの切除は大きさ、出来ている場所、何カ所(何臓器)かによって異なります。
    費用は3割負担の方で21,000円から30,000円ほどです。
    ※手術内容・状態により異なってきますので、
    詳細は当院にご確認をお願いします。

  • 日帰り手術の手術時間

    ポリープの数や出来ている場所にもよりますが、
    10分から30分くらいで終わります。

日帰り手術ドットコム

「日帰り手術ドットコム」“胃・大腸ポリープ”のページを 院長 中村 尚志 が監修しております。

日帰り手術ドットコム 院長 中村 尚志 監修
  • 胃・大腸ポリープについて
  • 胃・大腸の内視鏡検査について
  • 胃・大腸ポリープのQ&A

手術前後の注意点

  1. 血液をサラサラにする薬(血液を固まりにくくする薬)には
    抗血小板薬(バイアスピリン・バファリン・プラビックス・プレタールなど)と
    抗凝固薬(ワルファリン・プラザキサ・イグザレルト・リクシアナなど)の2種類がございます。
    これらのお薬を服用中の場合には、事前に必ず院長・看護師・スタッフにお伝え下さい。

  2. 切除した部位は焼灼によりできた潰瘍(かいよう)となります。 稀にその潰瘍から出血、穿孔(腸に穴が開くこと)などの偶発症を起こすことがあります。
    出血は術後3日以内に最も多く、穿孔は直後から7日以内とその状況に応じて出現します。
    そのため、手術後1週間は安静・デスクワークの生活となります。
    あくまでも手術なので、切除当日は自宅で出来るだけ安静にしていて下さい。
    出血・穿孔の予防として術後1週間くらいは消化がよい食事(おかゆやうどん)を心掛け、刺激物やタバコ・アルコール類は必ず避けて下さい。
    切除当日は入浴は避け、シャワー程度にしてください。
    術後1週間は、熱い湯や長湯は避けて下さい。
    術後1週間は安静を心掛け、運動や力仕事(特にお腹に力が入る仕事)、出張・旅行などの遠出は控えて下さい。
    術後翌日からのデスクワークは可能ですが、十分に注意して生活をされて下さい。
    血便・下血・腹痛・平熱より1度から2度以上の発熱などがみられたときは、当院・院長の携帯にご連絡くださいませ。

診療予約に関しまして

赤坂内視鏡クリニックでは、患者様ひとりひとりの診察・診療によって時間が異なりますので、
完全予約制という形で診療させて頂いております。
診療やご相談は、お手数ですがお電話にての問い合わせをお願いいたします。

  • 完全予約制
  • 各種保険適応

Tel:03-6441-2528